新着情報

2020年8月3日

令和元年度 ふるさと発見コース 第8回講座 発見!松江縁(えにし)の水 毎日の大切な水道水を作るしくみが分かり、その努力に感謝です

令和2年度上期(5月~9月)の講座は、新型コロナウィルス感染症の影響で休講となっているため、昨年度の主な講座の様子をシリーズでお知らせしています。
9回目となる今回は、「ふるさと発見コース」第8回講座の「発見!松江縁(えにし)の水」を紹介します。

令和元年10月11日、忌部浄水場で開催され、講師の松江市上下水道局浄配水課の古藤課長から、浄水場の歴史や概要についてお話を聞き、その後、場内の施設の見学をしました。

初めに、浄水場の概要について学びました。
忌部浄水場は、千本ダム完成の翌年である大正 8 年に築造されました。現在は千本ダムと大谷ダムの貯留水を原水とし、日量 25,600㎥の 最大浄水処理能力があり、松江市で1日に使われる水 61,800㎥の内、12,000㎥を薬品 沈殿緩速ろ過方式により浄水しています。浄水後の水は、市内の津田、浜乃木、上乃木といった橋南地区西部及び中部と殿町など橋北地区西部に給水されています。

創設期の大正 8 年に築造された 3 号、4 号、5 号、6号緩速ろ過池を始め、昭和 4 年に築造された1号、2 号緩速ろ過池等、戦前に築造された多くの施設を用いて浄水を行っています。これら戦前の施設は、各池の天端に花崗岩の笠石が敷かれ、附帯する建築物を円形平面の凝った意匠の上屋にて築造されており、千本ダムと同じく平成 20 年に1 号~6 号緩速ろ過池ならびに附帯施設をはじめ場内の 9 施設について国の登録有形文化財に登録されています。

忌部浄水場は、ダム貯留水を原水としており、原水濁度は 10 度以上と比較的高い状態です。このため
シルト、粘土などの沈降しない小さな微粒子の浮遊懸濁物質に対して、ポリ塩化アルミニウムなどの凝
集剤といわれる薬品を注入し、電位を中和することで結合させ、大きなフロック(塊)として沈降させ
る薬品沈殿処理を行っています。

次に、屋外にある浄水施設を順番に見学し、「飲める水」になるまでの過程を説明していただきました。
①「着水井」は、ダムから運ばれた水が到着し、水中のにごりや細菌などを取り除く薬(ポリ塩化アルミニウム)を入れて、よくかき混ぜます。
➁「ブロック形成池」で、水中のにごりや細菌などをフロックという固まりにします。
③「沈殿池」では、固まりになったフロックを沈ませ、水と分けます。
④「緩速ろ過池」では、にごりや細菌を取り除いた水を微生物の働きできれいにして、飲める水にします。
「中央管理センター」では、24時間365日、異常がないか監視しています。浄水場でできた水は、色やにごり、においなど毎日10項目の水質検査がなされています。

忌部浄水場は建設後 90 年を経た今もなお、市民の大切な水源として活用されており、後世に引き継いで行かなければならない資産であることを認識しました。
水道水という身近なものが、登録有形文化財である施設を使用していることに驚きを感じると共に、それが人手によって生産されていることに対して感謝の気持ちでいっぱいになりました。
また、日頃見ることの無い施設を見ることができ、丁寧な説明にも大変満足しました。
  •  浄水場の概要を説明する古藤浄配水課長
    浄水場の概要を説明する古藤浄配水課長
  • 最初に、まつえの水道のあゆみについて学びました
    最初に、まつえの水道のあゆみについて学びました
  • 大正8年に築造された9 つのろ過施設は、国の登録有形文化財に登録されています
    大正8年に築造された9 つのろ過施設は、国の登録有形文化財に登録されています
  • 着水井は、ダムから運ばれた水が到着するところです
    着水井は、ダムから運ばれた水が到着するところです
  • 水中のにごりや細菌などを取り除く薬(ポリ塩化アルミニウム)を入れて、よくかき混ぜます
    水中のにごりや細菌などを取り除く薬(ポリ塩化アルミニウム)を入れて、よくかき混ぜます
  • ブロック形成池で、水中のにごりや細菌などをフロックという固まりにします
    ブロック形成池で、水中のにごりや細菌などをフロックという固まりにします
  • 沈殿池では、固まりになったフロックを沈ませ、水と分けます
    沈殿池では、固まりになったフロックを沈ませ、水と分けます
  • 緩速ろ過池では、にごりや細菌を取り除いた水を微生物の働きできれいにして、飲める水にします
    緩速ろ過池では、にごりや細菌を取り除いた水を微生物の働きできれいにして、飲める水にします
  • 中央管理センターでは、24時間365日、異常がないか監視しています
    中央管理センターでは、24時間365日、異常がないか監視しています
  • 浄水場でできた水は、色やにごり、においなど毎日10項目の水質検査をしています
    浄水場でできた水は、色やにごり、においなど毎日10項目の水質検査をしています