新着情報

2021年2月15日

まつえ市民大学マイスタークラブ 地域活動報告会を開催しました

令和3年1月29日、松江市民大学マイスタークラブ会員の地域活動報告会がありました。
マイスタークラブは、まつえ市民大学マイスターコースの修了者の会で、そこで学んだ成果を自らの地域活動・市民活動に生かすと共に地域社会の活動支援を行っています。

今回は、五つのグループで、それぞれのテーマごとに報告が行われました。

1.松江の魅力を再発見し、地域へ情報発信
松江に伝わる伝統及び環境を調査し、わかりやすく資料化して関連部署に提供しています。現在調査を進めているのは「松江城を取り囲む橋」、「松江市に点在するお地蔵さん」等です。
また、伝統文化である「ぼてぼて茶」を再現し、地域のイベント等で普及を図っています。

2.魅力ある街づくりをめざして
社会が変化し、災害が多発する中で、町内会の重要性が見直されてきています。地域住民とともに、防災訓練、ゴミ対策、振込めサギ対策等の活動を行いながら、行政、町内会と連携した魅力ある街づくりを目指しています。

3.来る人を待つ民宿「はぬる(=空)」の開業
田舎の暮らしをしながら街づくりをしようと、横浜からIターンし来待に古民家を購入。「来る人を待つ宿 はぬる」をオープン、「見た目古民家、中は最新」の発想で癒しの場を提供しています。また、「はぬる」を拠点とした、地域振興ビジネスの事業化も目指しています。

4.新型コロナウィルスと松江の観光
突然訪れた新型コロナウィルス禍。この状況にあって、松江の観光振興をいかに進めるべきかを考察してみました。後世に伝えていくべき神事ホーランエンヤなどを始めとして、コロナ禍でも観光客を呼べる、郊外型の観光、例えば神社巡りなどを模索しています。

5.ものづくり教室とIoT&プログラミングクラブ
未来の子どもたちを育てる環境を作り、ものづくり教室とIoT&プログラミング教室(30人)を開催し、学校では学べない学習の場を提供しています。
また、他団体と連携し「STEAM教育」を推進し、将来の地域産業を支える人材の育成に力を入れています。

❏報告会を終えて・・・
報告会には約50名の参加があり、活発な質疑が行われました。
参加された方からは、「各テーマとも熱心に取り組まれていて、感心した」「取り組み姿勢の素晴らしさとパワフルさに圧倒された、ぜひ子どもたちにも、伝えていって欲しい」、「マイスターコースの実りを感じた」など、たくさんの感想が寄せられました。

関心のあるテーマがありましたら【0852-32-0894】までご連絡をお待ちしています。
マイスタークラブに興味を持って頂ければ幸いです。

まつえ市民大学の「マイスターコース」は、今年度は新型コロナ感染症の関係で全講座休講となりましたが、来年度は、内容をより充実させていきますので、皆様のご参加を心よりお待ちしています!!
  • 市民大学で学んだ成果を地域社会で生かすために・・・
    市民大学で学んだ成果を地域社会で生かすために・・・
  • 日本独特の文化である「お地蔵さん」。松江市でもたくさん目にします
    日本独特の文化である「お地蔵さん」。松江市でもたくさん目にします
  • 「ぼてぼて茶」教室で、普及を図っています。
    「ぼてぼて茶」教室で、普及を図っています。
  • 町内会で防災訓練
    町内会で防災訓練
  • 町内会で清掃作業
    町内会で清掃作業
  • 振り込め詐欺に遇わないために・・
    振り込め詐欺に遇わないために・・
  • 古民家を利用した宿「はぬる」外観
    古民家を利用した宿「はぬる」外観
  • 「はぬる」母屋の囲炉裏
    「はぬる」母屋の囲炉裏
  • 松江を訪れる観光客の目的は・・・
    松江を訪れる観光客の目的は・・・
  • ホーランエンヤを伝承するために、紙芝居を制作
    ホーランエンヤを伝承するために、紙芝居を制作
  • IoT&プログラミング教室の様子。主催者側も楽しんでいます
    IoT&プログラミング教室の様子。主催者側も楽しんでいます
  • 親子で「ものづくり」に挑戦!
    親子で「ものづくり」に挑戦!
  • マイスタークラブ会員の報告に熱心に耳を傾ける参加者
    マイスタークラブ会員の報告に熱心に耳を傾ける参加者