新着情報

2017年9月14日

いきいき健康コース第7回講座 「坐禅でまっさらな心を取り戻そう」 心のリセット法を学ぶ

日常の雑事や仕事に追われ、体だけでなく知らないうちに心にも疲れをため込みやすい現代社会。趣味や運動でストレス発散する方法もありますが、今回は心と体のリフレッシュということで坐禅に取り組みました。

会場は松江市の南西にある洞光寺。尼子氏が創建し、小泉八雲が愛した寺として知られています。
最初に本堂の一角にスクリーンを設置し、坐禅のルーツや体への影響(主に脳波の状態)、作法などをスライドでお話しいただきました。

後半は先ず、20分の坐禅に挑戦。坐禅中、開け放たれた窓から聞こえるのは雨音のみ。あっという間に20分が過ぎ、足を解す為の歩く坐禅「経行(きんひん)」を3分。ここで講座終了時間が迫っていましたが、受講生の希望で2回目は15分の坐禅を行うことに。
気合を入れてもらう警策も1回目は少数でしたが、2回目の坐禅ではあちらこちらで音が響いていました。
忙しがらずにほんのわずかな時間でも、坐って自分を無にする時間を持ちたいと感じた講座でした。
  • 金華山 洞光寺住職の諏訪文哉氏
    金華山 洞光寺住職の諏訪文哉氏
  • 坐禅の作法などを説明いただく
    坐禅の作法などを説明いただく
  • 本堂にて。膝や関節を痛めている人は椅子で坐禅
    本堂にて。膝や関節を痛めている人は椅子で坐禅
  • 所望した人には警策で励ましていただく
    所望した人には警策で励ましていただく