新着情報

2017年10月26日

芸術文化美術コース第9回・10回講座 「水彩で松江の原風景を描く~国引きジオパーク構想エリア~」 透明水彩絵の具を使って松江の風景を描こう

今年度の芸術文化美術コースのテーマ「松江の『美』を再発見する」を水彩画で実践する講座です。基礎編と野外スケッチの2回にわたって指導してくださったのは環境デザイナーの松本修宗さん。平成27年から講師を務めてくださっています。

第9回講座(10月14日):「風景画の基礎」
スケッチの場所となったのは大海崎。出雲国風土記では老若男女が集って宴を催す場所とされ、松江の原風景が残る場所の一つです。
この講座では、大海崎の風景を松本先生がデッサンにしたものに透明水彩絵の具で着色する方法と、構図のポイント、マスキングインクの使い方などを学び、野外スケッチに備えます。

第10回講座(10月21日):「水彩で松江の原風景を描く」
当日は何とか雨は降らなかったものの、曇りで風も強く、スケッチ日和とは言えませんでしたが、大海崎に降り立つと、船着き場や小川、川沿いの風景などに絵心を刺激されました。
松本先生の丁寧な指導に後押しされ、風景画が初めての受講生も何とかデッサンを描きあげました。着彩はホームワークになりましたが、先生のアドバイスをしかっりと頭に入れて、展示できるよう作品を仕上げ、修了式で来場者に観ていただく予定です。

場所と名前は知っていても受講生のほとんどが初めて訪れた大海崎。風景に魅せられ、新たな松江を発見した講座となりました。
  • 第9回講座「風景画の基礎」講師の松本修宗氏
    第9回講座「風景画の基礎」講師の松本修宗氏
  • 「風景画の基礎」透明水彩絵の具の着彩を教えていただく
    「風景画の基礎」透明水彩絵の具の着彩を教えていただく
  • 第10回講座 10月21日の大海崎
    第10回講座 10月21日の大海崎
  • 思い思いにスケッチ
    思い思いにスケッチ
  • 大海崎は海辺(中海)のほか小川、山などの風景に恵まれている
    大海崎は海辺(中海)のほか小川、山などの風景に恵まれている
  • 一人一人丁寧にアドバイスをしていただいた
    一人一人丁寧にアドバイスをしていただいた