新着情報

2018年6月27日

平成30年度 入学式と記念講演を開催 平成30年度 入学式と記念講演を開催しました! 田部家750年 たたら製鉄550年 これからの島根10年

5月19日、プラバホールで平成30年度の入学式と記念講演が開催され、入学式では松延由子まつえ市民大学学長代理が、7コースの受講生266名の入学を許可しました。
これに対して、受講生代表の小林正治さんが、「市民大学の理念である、自分づくり、仲間づくり、地域づくりをモットーに幅広い年代や地域の方々とふれあいながら学習します。」と誓いのことばを述べました。

入学式後、株式会社田部代表取締役社長の田部長右衛門氏が、「田部家750年 たたら製鉄550年 これからの島根10年」と題して、記念講演を行いました。
田部家の歴史は36代前の西暦1264年前まで遡ることが出来、紀州熊野(現和歌山県田辺市)から島根の吉田村へ移り住んだと紹介。
武士をやめ、たたら製鉄を始めたのは室町時代の田辺彦左衛門で、現田部家の初代。隆盛を極めたのは、江戸末期の18代目長右衛門の時代。しかし、明治に入り大量生産・大量消費の時代背景に合わないたたら製鉄は衰退し大正12年終焉を迎え、田部家は新規事業に挑戦する事となった。
23代長右衛門(松露亭)氏は、時代に合わせて創意工夫しその時代に合った事を行うという、現在の家風に繋がる方針をたて、政治家となり新規事業を起こした。
第25代の自分は、①新しいものに挑戦する ②人を大事にする ③そして地域を大事にする の思いを持って、たたら製鉄の復活とたたらの里の創生、そして地域を盛り上げる事をやっていくと、力強く語りました。

  • 松延由子まつえ市民大学学長代理による「入学許可」
    松延由子まつえ市民大学学長代理による「入学許可」
  • 受講生代表 小林正治さんの「誓いのことば」
    受講生代表 小林正治さんの「誓いのことば」
  • 入学式記念講演で「たたらの里創生」を力強くアピール
    入学式記念講演で「たたらの里創生」を力強くアピール
  • 熱い思いを語る田部長右衛門氏
    熱い思いを語る田部長右衛門氏