新着情報

2022年6月20日

芸術文化美術コース 第2回講座 水彩で白潟公園から見た風景を描く(基礎編) 松江の素晴らしさを再確認しました!

令和4年度講座の様子をお知らせするシリーズの第3弾は、芸術文化美術コースです。

今年度の芸術文化美術コースは「松江の新しい『美』を再発見する」がテーマです。第1回目の講座は、それを水彩画で実践しました。
講師は、平成27年から担当していただいでいます環境デザイナーの松本修宗さんです。

 スケッチの場所となったのは、「白潟公園から見た風景」。天気に恵まれ、心地よい風もあり、絶好のスケッチ日和となりました。
講師からは、水彩には決まりごとはない、自分の気持ちで描けばよいとのお話し。ただし、描く上でのテクニックも大事とのことで、遠近感のある構図のとり方、空と湖面のコントラストの表現方法などを教わりました。

 受講生は、思い思いの場所で風景を描き、松江のすばらしさを再確認するとともに、次回の講座(仕上編)で着色し、完成を目指します。
 完成した絵は、スティックビル1Fの展示コーナーで展示する予定です。


  •   講師の松本修宗氏
      講師の松本修宗氏
  •   水彩画の基本を学ぶ
      水彩画の基本を学ぶ
  •  まずは、木陰を確保して・・・
     まずは、木陰を確保して・・・
  •   風景を切り取って・・・
      風景を切り取って・・・
  •   どこを描く?
      どこを描く?
  •   マンツーマンで指導を受ける
      マンツーマンで指導を受ける
  •   熱血指導⁉覗き込んでいるのが受講生
      熱血指導⁉覗き込んでいるのが受講生
  • お互いの作品を批評
    お互いの作品を批評
  •   受講生の皆さん(午前の講座)
      受講生の皆さん(午前の講座)
  •   受講生の皆さん(午後の講座)
      受講生の皆さん(午後の講座)